依存しまくった結果、待っていたのは残酷な現実だった。

こんにちは。
タクミです。

今日は
依存の恐怖について話をしていこうと思います。

僕は
英会話ビジネスがどん底だったとき
3つの依存をしていました。

・プラットフォーム

・人

・ビジネス

の3つです。

3つの依存をしてたときは
どれか一つでも欠けてしまったら
一気にジェンガのように崩壊してしまう可能性がありました。

依存しまくりで、
これら以外は何も考えていませんでした。

今思えば
完璧に思考停止してましたね。

ネットビジネスを学んでからは
自社ですべて完結させているので
依存しなくなりました。

強いて言うなら、
インターネットやメルマガ等の
自動化ツール類ですかね笑

依存しなくなったので、
ビジネスが以前よりも
自由にできるようになった気がします。

これを読んでいる
あなたに伝えたいのは

依存せずに自分の庭に人を集める

ことです。
めちゃくちゃ重要です。

自分の庭に人を集めることができれば

誰にも
邪魔されることなくビジネスができて

あなたのファンになってくれて

ビジネスの売上が上がることがあっても
下がることがなくなります。

では
依存の怖さについてお話をします。

1.プラットフォームの依存

プラットフォームというのは

Twitter、Facebook、LINE
はじめとするSNSや

ブログなら
アメーバブログやはてなブログです。

あとは
ストアカやココナラなどの
スキルシェアサイトや

飲食だったら
ウーバーイーツとか出前館も
すべてプラットフォームです。

プラットフォーム依存が
危険な理由は

プラットフォームに
あなたのビジネスをコントロールされる

ということです。

プラットフォームの規約変更や
お客様からのクレームが入れば
一発で退場、永久利用停止
なんてこともあります。

僕は
英会話講師を始めてから
ずっとストアカやココナラなどの
スキルシェアサイトに依存をしていました。

スキルシェアサイトだけではなく、
講師登録ができるサイトも複数あり
片っ端から登録してましたね。

あるときスキルシェアサイトの一つから
メッセージが届いてました。


「あ、運営からメッセージ来てる。なんだろ」

運営
「あなたの講座を受講した参加者から
強引な営業を受けたと連絡がありました。

ペナルティとして
サービスの一定期間利用が
できませんのでご了承ください」


「は???(全く強引な営業をした覚えがない)」

僕が営業したことを覚えていないのではなく、
営業すらしていないのです。

そして運営に抗議のメッセージをしました。


「強引なセールスなんてしてませんし、
アドバイスを求められたから対応しただけです。

勝手な言いがかりで、
利用停止処分になるのはおかしいです」

運営
「当社としましては、
その場にいなかったので事実確認はできませんが

お客様からのクレームをもとに
判断させていただきました」


「意味ワカンネーーーーー!!!!」

心の中ではブチ切れててましたね。

1年以上使わせていただいてたので
メッセージをもらったときは悲しかったです。

もしかしたら、
僕が気づいてないだけで
相手は強引に営業されたと
受け取ったのかもしれません。

だとしても

「先生方が大事とか言うのに、守ってくれないんだ」

「こんな嘘っぱち報告でビジネスをダメにされちゃうんだ」

この一件があってから
そのプラットフォームを使うのは辞めました。

プラットフォームは
ビジネスをコントロールする権利があります。

今回の理不尽な場合であっても
ルールに従わなければ
問答無用で弾かれてしまいます。

プラットフォームは便利だけど
依存するものではありません。

プラットフォームがないと
集客できないのであれば
ビジネスとして継続することが
難しくなります。

必ず
自分のプラットフォーム(メルマガやブログ)
に誘導することが必須です。

あとは
アメーバブログやはてなブログを書いていたら
ワードプレスのブログに移行しておきましょう。

ワードプレス以外は資産になりません。

もし
アメーバブログの規約変更で
数年間かけて作ったブログが全消しになったり
急にサービス終了になったら全部水の泡になりますからね。

少しづつ移行させていきましょう。

2.人の依存

人の依存も注意です。

・事務作業を誰かに頼んでいる

・見込み客を紹介してくれるビジネスパートナーがいる

・互いに紹介を出し合う異業種交流会によく参加している

こんなパターンは要注意です。

あとは相手を完全に信頼している場合も注意です。

「この人はいい人だから大丈夫だろう」

「ずっと何年も仕事をお願いしてるから信頼できる」

「仕事が早いから他の人にも紹介できる」

みたいなパターンです。

僕は人に依存したことで

進んでいた仕事がすべてストップ

しました。

仕事がストップしたことで
一緒に仕事をしていた人にも迷惑がかかり
結果として仕事がなくなりました。

急に飛ばれると
マジで仕事が止まります。

まだ
僕だけの仕事ならまだしも
他の人がいると全員が巻き込み事故になります。

その話を少しだけさせてください。

ホームページのデザインや修正を
数年間からお願いしていた
Kさんという方がいます。

僕は
エクセル操作や細かい数字入力の作業が
大の苦手なので
いつも得意なKさんにお願いしていました。

Kさんはかなり仕事ができる人で
いつも返信は早いし、
仕事も早く丁寧なので
心の底から信頼していました。

ある日いつものように
Kさんに仕事の依頼をしました。
その依頼は至急で必要な仕事だったんです。


「Kさん。お疲れ様です。

この仕事を明日の12時までに
お願いしたいんですけど可能ですか?」


Kさん
「OKです。少々お待ちください」


「わかりました。宜しくお願い致します。」


いつものようにお願いをして
進捗の連絡を待っていました。

Kさんは仕事が早いので
いつもなら数時間で連絡がくるのですが
この日は連絡がありませんでした。

依頼の連絡をしたのが
午前10時くらいだったので
夜の21時くらいに一度進捗の連絡を入れました。


「Kさんお疲れ様です。進捗どうでしょう?」

Kさん
「いまやってるのでお待ちください」

その返事を聞いて安心したので
了解です。と返事を返しました。

翌朝Kさんからの連絡が入っているかなと
Facebookのメッセンジャーを開くとまだ連絡はありません。

「まぁ、12時までに連絡もらえればいいか」

「あんまり急かすのも申し訳ないし」


のんびり待っていたのですが
10時、11時となっても一向に連絡がきません。

「あれ、Kさん大丈夫かな?」

心配になった僕は
Kさんに連絡を入れました。


「Kさんお疲れ様です。お願いしてた仕事どうでしょう?」

Kさんから
返信は来ませんでした。

何度も連絡を入れたし
電話もしたのですが
既読がつかない状態が続きました。

僕は事故や病気になったのかと思い
何度も連絡を入れました。

「事故とか病気ですか?大丈夫ですか?」

「心配しています。返信をください」

それでも返信はありませんでした。

返信がないのは
僕だけではありませんでした。

僕が紹介した他の経営者からも

「Kさんに仕事を依頼してるんだけど返事がこない」

と連絡をもらいました。

「最悪のケースもあるかもしれない」

さらに
不安になった僕は
共通の知人も何人かいたので
連絡を取ってみました。

「ご無沙汰です。

Kさんと連絡が取れないのですが

なにか知ってる人いますか?」

他の人も
連絡を取っていないと返事があったのですが

そのうちの一人がKさんに
わざわざ連絡を取ってくれました。

なんと
返事がきたのです。

僕はそれを聞いて
病気や怪我ではないことに安心しました。

ですが
仕事の返信が未だに何もないことや
謝罪の言葉一つもないことは
ショックでした。

「Kさん信頼してたんだけどな」

「なにか嫌なことがあったのかな」

「なにかあったのなら言ってくれればよかったのに」

僕の頭の中ではグルグルと
Kさんになにか失礼なことをしてしまったのか
考える日々が数日続きました。

原因はわかりません。

もしかしたら
なにか思い悩むことがあったのかもしれませんし
僕の依頼した仕事が負荷になっていたのかもしれません。

とは言っても

お仕事ですし、僕はお金も払っています。

Kさんの行動は
プロとして失礼な行為だと思っています。

そして
連絡を待ちつつ月々のお金も2ヶ月くらい払っていましたが
ストップすることにしました。

人に依存をすると本当に危険です。

いつどうなるかわかりません。

仕事を依頼するときは
一人に全部をお願いするのではなく
分散しながらお願いすることが一番です。

リスクは最小にしながら仕事をしましょう。

3.ビジネスの依存

ビジネスの依存も
めちゃくちゃ危険です。

特に小さい成功体験がある人ほど
危ないです。

僕がお伝えしたいのは

知識のアップデート

をしようということです。

ちょっと成功した人ほど
急に勉強をしなくなり
同じことばかりするようになります。

当たり前ですが、ビジネスも日々進んでおり
新しい情報が常日頃入ってきます。

英語業界も
ITやAIの発展でスマホやパソコンが
メインになりました。

マンツーマン英会話教室や
オンライン英会話も変化しています。

今日より明日のほうが
ライバルが多い状態です。

世の中のテクノロジーや情報が
進化しているにも関わらず

何もアップデートせずに
過去の栄光にすがっていると
だんだんと変化に対応できずに
ビジネスができなくなる人が大勢います。

僕もその一人でした。
ビジネスを舐め腐っていましたね。

僕は
英会話講師で独立する前に

起業塾に通っていて
起業方法やマーケティングなど
いろいろと習っていました。

そのおかげで
初年度で売上が1000万近くにいったので
天狗になり調子に乗っていましたね。

そこから
1円も自己投資をすることは
ありませんでした。

ちょっと
ビジネス本をかじったくらいしか
記憶がありません。

「もうビジネスは学ばなくていいな」

「集客もできてるし売上もっと伸ばすぞー!」


僕は
プラットフォームに依存して集客していたので
集客できなくなった場合を一切考えていませんでした。

もし売上の一部を自己投資にまわしていれば
もっとビジネスは大きくなっていたかもしれません。

しかし
僕は一切やりませんでした。

欲しいものを買い、
湯水の如く私利私欲に使っていたら
無くなってしまいました。

「やばいやばいやばい…」

「早くお金を稼がなきゃ!」

こうなったときは時既に遅く、
集客もできず、
集客のやり方すらもわかりませんでした。

その結果
売上ゼロの月が何ヶ月も続くこともありました。

このときは
マジで惨めでしたね。

「もっと勉強しておけばよかった」

「アルバイト探さなきゃダメかな」

「雇われたくないな」

悔やんでも悔やみきれない日々が
毎日続きました。

必死に
頭を捻って思いついたことが

ビジネスの横展開

です。

僕が考えていたのは

「英会話のライバルは増えたからTOEICや英検を教えよう」

「教えられる幅が増えれば生徒さんも増えるだろう」


シンプルに浅はかな考えでした。

僕以外にも
TOEICや英検を教えられる先生は
山ほどいますし
スコアも教えた経験も全く違います。

たくさんの
ライバルがいる中で

どうして僕が選ばれるのか

を考えなければいけないのに
何も考えていませんでした。

いま思えば
こんな浅はかな考えしかできないので
ビジネスが衰退するのは当たり前ですよね。

知識のアップデートをしなかったので
何も策を考えられずに時間だけを無駄にしました。

その後
YouTubeでたまたま見た動画のおかげで
ネットビジネスと出会うことができました。

ネットビジネスを学びはじめてからは

「英語以外の武器が手に入った!」

「すべてを失ってもこのスキルがあるから復活できる」


確信を持つことができています。

僕は
過去のしょっぱい体験もあるので
自己投資は欠かさずやっています。

本はもちろんのこと
欲しい情報があれば
バンバン投資をします。

わざわざ検索したりして調べるのは面倒なので
情報も買うことが多いです。

自己投資を始めたことで
勉強の面白さを改めて
気がつくことができました。

まだまだ知らないことが多いので
天狗にならずに上だけを見て成長してきます。

まとめ

3つお話しましたが
やっぱり

依存はしないほうがいい

です。

人に裏切られたり、プラットフォームに裏切られたり
精神的にも辛いですよ。

自分の庭を持てば
裏切られることはなくなります。

あとは
すべて自分でビジネスをするので
自信にもなります。

依存せずにビジネスを大きくしていきましょう!

無料で豪華動画セミナー2本がもらえます

僕は英会話講師として起業し、
初年度は年商1000万を達成しました。



その後は集客が伸び悩み、売上が半減して
コロナで予定していた仕事が全てなくなり売上0が3ヶ月続いたのです。

「もう売上で悩みたくない」

「精神的な余裕がほしい」

「時間の自由がほしい」

と思い、清水の舞台を飛び降りるつもりで仕組み化の猛勉強を始めました。

メルマガの中では

・自動で安定した売上を作る仕組み化とは
・オンラインでレッスンを自動化する方法
・文章力0でも読者を感動させて行動させる方法
・集客を頑張らなくても、売上が上がる方法

などブログの中ではお伝えしきれない内容をお届けしています。



登録の無料プレゼントとして

・労働から解放!仕組み化セミナー
・思わずポチりたくなる文章術セミナー


期間限定の追加特典もご用意しています。



もしあなたが

・売上が安定せず不安

・自分が倒れたら仕事にならない

・集客がなかなかできない・

・オンラインで自動化したい

と思っているのであれば

ぜひこちらから受け取ってください。
画像をクリック↓

コメントを残す